2014/12/25

uMapの使い方(データ抽出編)

タイトルが『uMapの使い方』となってますが、まだuMapは登場しませんw
いきなりuMapに手作業でデータを埋め込んでいってもいいのですが、
せっかくマッピングパーティをやってOpenStreetMapを編集したのだから
そのデータを使わない手はないだろう、ということです。

OSMからデータを抽出するために、【overpass turbo】というサイトを使用します。
http://overpass-turbo.eu/
まずデータを抽出する範囲を表示(矩形範囲を手動で設定しても可)

範囲を決定したら、【ウィザード】をクリック
【クエリウィザード】が開くので
【amenity=restaurant or cafe】と入力すれば、レストランとカフェを抽出できます。
【実行】をクリックしましょう。
(もちろん別々にデータを抽出しても良いです)

飲食店が抽出されます。

【エクスポート】をクリック
別ウィンドウが開くので
【geoJSON形式・GPX形式・KML形式】
いずれかをクリックすると、データをダウンロード出来ます。
どの形式でもuMapに取り込めます。今回は、geoJSONにしました。

※OSMの編集の仕方によっては、ポリゴンとポイント(ノード)のデータが混じります。
 ポリゴンをポイントデータにするためにはQGISを使う必要がありますが、
 今回は誰でも出来る地図作成を念頭に置いているので省略。
 いずれQGISの使用方法も追加する予定。
 【追加しました】→http://dohokugeo.blogspot.jp/2015/01/umap.html


次回は、uMapで地図を作ります。
To Be Continued…

0 件のコメント:

コメントを投稿